株式会社東洋厚生製薬所の企業情報、及び沿革について

  • 日本語
  • English
文字サイズ標準大きめ
日本語English
  • 公式通販サイト
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • メニュー
  • 採用情報
  • お問い合わせ

企業情報About

会社沿革

大正 4年(1915年) ロックフェラー医学研究所(ニューヨーク)の研究員だった野口英世博士が、その生涯に一度だけ帰国を果たした際、無二の親友石塚三郎歯科医師に白金・パラジウムコロイド(パプラール)の製剤研究を託する。
以後、米国在住の野口博士から書簡による指示を仰ぎながら、石塚は医薬の開発・研究を進める。
昭和 3年(1928年) 野口英世博士、アフリカのガーナ国アクラにて、黄熱病のため死去(享年51歳)
昭和11年(1936年) 医薬の完成を待たずに亡くなった野口博士に報いるため、石塚は、試行錯誤と失敗を重ねながら、孤軍奮闘の中、ついにパプラールを完成。
野口英世博士と約束を交わして以来、実に21年の時を経て世界で唯一の白金・パラジウムコロイド製剤が誕生する。
昭和13年(1938年) パプラールの本格製造と販売のため、東京都新宿区内藤町1番地に東洋厚生製薬所を創業。
昭和15年(1940年) 製剤名称『パプラール』を商標登録する。
医薬品製造販売許可申請を、当時の監督庁である警視庁に申請し、製造販売の許可を受ける。
昭和16年(1941年) 本格的製造販売を行う矢先、太平洋戦争が勃発。戦時統制品(軍需物資)である主要原料の白金とパラジウムの入手が困難となり、戦局の悪化に伴い止む無く製造を中断する。
昭和23年(1948年) 株式会社東洋厚生製薬所設立。
初代所長、石塚三郎が代表取締役に就任し、医薬パプラールの製造販売を再開する。野口英世博士の「本当に困った人への医薬を」、という願いに応え、派手な広告宣伝は一切控えるようにし、その社是は現在にも至っている。
昭和29年(1954年) 昭和29年読売新聞朝刊(11月28日付)紙上にて 読売新聞朝刊(11月28日付)紙上に「野口英世博士創案の医薬パプラールが、ヒロポン(覚醒剤)の中毒患者治療の特効薬」と、大々的に報じられる。
昭和31年(1956年) 3月15日発行「リウマチ性疾患の臨床」P.89第5章各論「リュウマチ性関節炎に対して、金療法より、白金パラジウムコロイド製剤であるパプラールのほうが顕著な効果が有り、副作用も皆無である」と評価される。
昭和33年(1958年) 創業者 石塚三郎死去(享年83歳)
昭和36年(1961年) 新薬事法施行。パプラールは、急性胃腸炎、慢性胃腸カタルに対して、薬効のある製剤として評価を受ける。
平成 5年(1993年) 本社および製造工場を東京都日野市に移転。
パプラールのコロイド粒子を改めて確認すべく、電子顕微鏡による測定を同和鉱業㈱に依頼。その結果、極超微粒子(70万分の1mm)のコロイド液剤だと判明し、粒子の細かさが改めて確認される。
平成 7年(1995年) 府立京都繊維工芸大学繊維学部高分子学科にて、京都大学教授牧野圭裕氏の指導によって、活性酸素消去活性の試験を行い、パプラールが活性酸素消去能力を、ビタミンCの数百倍有していることが実証され、国内外から注目される。

大正 4年に野口博士より寄贈された書

野口英世博士より寄贈された書

正直は最良の策である。 Honesty is best policy.
忍耐は苦い。 La patience est amere,
しかし、その実は甘い。 mais son fruit est doux.

Company Overview

Company History

1915 Dr. Noguchi Hideyo who was a student of the Rockefeller Institute for Medical Research came back to Japan only once in his life and then, he entrusted his best friend Saburo Ishizuka (dentist) research and development of Platinum・Palladium colloid (PAPLAL).
Since then, Ishizuka had advanced it with the written instruction from Dr. Noguchi who was living in the United States.
1928 Dr. Noguchi died of yellow fever at Accra in Ghana. (51 years old)
1936 To reward Dr. Noguchi who past way before it’s completion, Ishizuka finally completed PAPLAL with a lot of try-and-error by himself.
It had been 21 years for this one and only Platinum・Palladium colloidal preparation in the world to be born since he made a promise with Dr. Noguchi.
1938 Toyokosei Seiyakusyo was founded in 1 Naito-cho Shinjuku-Ku, Tokyo to officially manufacture and market PAPLAL.
1940 The trade mark “PAPLAL” was registered.
License of manufacture and marketing of pharmaceutical products was applied to the metropolitan police department at that time and was authorized.
1941 When manufacture and marketing of products were to begin seriously, the pacific war broke out.
Platinum and Palladium that were main raw materials became wartime control products so that it became difficult to obtain them and there was no way but suspending the production with the deterioration of the war.
1948 Toyokoseiseiyakusyo Co., Ltd. was founded
The first director Saburo Ishizuka took office as the representative director and resumed the production of PAPLAL.
In response to Dr. Noguchi’s wish “Medicine for those who are really in need”, showy advertisement was refrained and that policy has been continued up to now.
1954 昭和29年読売新聞朝刊(11月28日付)紙上にて In the Yomiuri Shimbun morning edition (November 28th), it was greatly reported that “PAPLAL originated by Dr. Hideyo Noguchi is a specific medicine for the treatment of patients addicted to Philopon.”
1956 “Medical practice of the rheumatism-related disease” issued on March 15th, page89 chapter 5 evaluated that “PAPLAL-Platinum・Palladium colloid preparation has greater effect on rheumatic arthritis than the Gold treatment and there is no side effect”
1958 The founder Saburo Ishizuka past away at the age of 83.
1961 New Pharmaceutical Affairs Law went into effect.
PAPLAL was evaluated as a medicine effective on acute gastroenteritis and chronic gastrointestinal catarrh.
1993 The head office and manufacturing facility moved to Hino City, Tokyo.
The size of colloidal particle of PAPLAL was measured by Dowa Kogyo Co., Ltd.
It was resulted in ultrafine particle (1.5nm). The minuteness of the particle was reassured.
1995 At the department of Polymer Science and Engineering of the Kyoto Institute of Technology, free radical oxygen removal activity was examined with the guidance of Professor Keisuke Makino, Kyoto University. It was proved to be as much as 100 times of Vitamin C and got attention given from both inside and outside of Japan.

PATIENCE
*Writing gifted by Dr. Noguchi in 1915

野口英世博士より寄贈された書

正直は最良の策である。 Honesty is best policy.
忍耐は苦い。 La patience est amere,
しかし、その実は甘い。 mais son fruit est doux.

会社概要

商号: 株式会社 東洋厚生製薬所
設立: 昭和23年 3月 6日
資本金: 1,000万円
名誉会長: 築地榮一
代表取締役社長 兼 CEO : 富谷福代
取締役副社長 兼 COO: 輪嶋将一
本社: 東京都日野市日野1321番地
支社: 東京都杉並区高円寺北2-4-4 一榮ビル5階
取引銀行: 多摩信用金庫  日野支店
北國銀行    東京支店
みずほ銀行   日野駅前支店
事業内容: 医薬品の製造及び販売
医薬品の輸出入及び販売
木酢液の製造及び販売
清涼飲料水の製造及び販売
サプリメントの製造及び販売
前各項に付随する一切の業務
特許番号: 第3411195号
発明の名称: 活性酸素を起因とする疾患の治療および予防薬又はその原料
(活性酸素除去剤)

Company Overview

Trade Name Toyokosei Seiyakusyo Co., Ltd.
Foundation March 6th, 1948
Capital 10,000,000 yen
Director Eiichi Tsukiji
Representative Director Fukuyo Tomiya
Head Office 1321 Hino Hino City, Tiokyo
Branch office 5F Ichiei BLG 2-4-4 Koenjikita Suginami-Ku, Tokyo
Bankers

Tana Shinkin Bank Hino Branch

Hokkoku Bank Tokyo Branch
Mizuho Bank Hinoekimae Branch

Job description Manufacture and marketing of pharmaceutical products
Export and import and marketing of pharmaceutical products
Manufacture and marketing of Pyroligneous acid
Manufacture and marketing of refreshing beverages
Manufacture and marketing of supplements
All the business related above
Patent Number 3411195
Title of Invention Treatment of the diseases attribute to Free oxygen Radical and preventive medicine or its raw material

 

パプラールOnline
齋藤可奈子の美容コラム
UX新潟テレビ

企業情報About

東洋厚生製薬所外観

株式会社 東洋厚生製薬所
〒191-0012
東京都日野市日野1321

Copyright © 2014 東洋厚生製薬所. All rights Reserved.