齋藤可奈子の
美容コラム

美容コラム2016.01.25

正月太りと「活性酸素」の関係

寒波がおとずれ、日本全国で寒い日が続き、正月ののんびりした気分も一気に抜けたのではないでしょうか?

 

しかし、残ってしまったのは、正月太りによって太ってしまった重たい身体なんて方はいませんか?

 

そこで今回は、お正月に重たくなってしまった身体の原因とその解消方法についてお話しします。

 

■正月太りする理由

まず、なぜお正月に太ってしまうことが多いのでしょうか?

 

◇正月太りしてしまう理由は?

○意外と高カロリーで糖分、塩分が多いお節料理

○運動不足 

○寒さによる血液循環の悪さ

○年末の暴飲暴食の影響

 

主に、このようなことが原因となり、お正月に太ったー!!

と感じる方が多くなってしまっています。

それでは、この正月太りは、どのようにして解消すれば良いのでしょうか?

 

■正月太りと「活性酸素」との関係

病気や老化、さまざまな悪影響の原因に「活性酸素」が大きく関係していると言われています。

その中の1つには、もちろん「太る」ということも含まれているのです。

体内に「活性酸素」が増えてしまうと、

・新陳代謝、基礎代謝の低下

・血液循環の低下

・ホルモンバランスの崩れ

などが起こり、太りやすい身体になってしまう要因となります。

 

そこに、上記で上げた正月太りする原因がプラスされ、さらに太りやすい身体へと変化してしまうのです。

 

また、正月太りの要因にも「活性酸素」は大きく関係しています。

 

○糖分、塩分が多いお節料理

お正月といえば、お節料理を食べる方が多いと思いますが、お節料理は日持ちさせ、冷めても美味しく頂けるために、かなり多くの糖分や塩分が含まれています。

糖分は、過剰摂取によって体内の「活性酸素」を一気に増やしてしまいます。

また私たちの体内に存在する大切な「抗酸化酵素」が多量に失われてしまうのです。

塩分は、天然の塩であれば、ミネラルを豊富に含み、むしろ「活性酸素」には効果的ですが、市販の多くが天然の塩ではないため、ミネラルはほとんど含まれておらず、むくみの原因となってしまうことが多いです。

 

○運動不足

お正月は、のんびりする方も多く、ついつい動かずに運動不足になりがちです。

運動不足により、体内の「抗酸化酵素」が低下するために、「活性酸素」が減少しにくく、運動不足に拍車をかけて、太りやすい身体へと導いてしまいます。

 

○血液循環の悪さ

こちらは、お正月だからというわけではなく、冬全般にいえることですが、運動不足も加わり、血液循環が悪くなります。

血液循環が悪くなることで、血管が錆びやすくなり「活性酸素」もどんどん増えてしまいます。

 

○年末の暴飲暴食の影響

年末に続いた暴飲暴食によって、生活習慣が乱れてしまい、体内では多量の「活性酸素」が発生してしまっています。

 

このように、「活性酸素」が増えてしまい、「抗酸化酵素」が減少してしまう要因が、お正月にはとても多いのです。

では、どのようにして解消すれば良いのでしょうか?

 

■正月太り解消方法

さまざまな要因によって、体内に「活性酸素」が多量に発生し、さらには、私たちの身体に備わっている「体内酵素」まで減少してしまっているために、まずは「活性酸素」を除去し、「抗酸化酵素」を増やしてあげることが大切です。

 

「活性酸素」を除去する「抗酸化成分」を摂取するには、まずは普段の食事から摂りいれることができます。

ビタミンCやビタミンE、アスタキサンチンなどを多く含む食事には抗酸化にとても効果的です。

しかし、食事からだけでは足りない「抗酸化成分」を十分に摂取することは中々できません。

 

そこで、おすすめなのが「白金・パラジウム」です。

とても高い抗酸化力をもち、さらには、体内に備わっている「抗酸化酵素」でも分解できない「活性酸素」にまでアプローチすることができるのです。

効率良く、優れた「抗酸化力」を高めるにはとてもおすすめの成分です。

 

 

通常よりも多量に発生してしまった「活性酸素」や減少してしまった「抗酸化酵素」には、普段よりも積極的に、「抗酸化」を心がけることが重要なポイントです。

体内に溜め込んでしまっている「活性酸素」を少しでも早く除去して、重たくなってしまった身体から解放してあげしょう。

齋藤可奈子

著者 : 齋藤可奈子(サイトウカナコ)


株式会社ラ・シブヤ・アネラ
代表取締美容研究家/ビューティープランナー
美容薬学検定1級/ホリスティックビューティーアドバイザー
大手化粧品メーカー、美容皮膚科など美容業界での様々な経験やノウハウを活かし、化粧品・健康食品・美容機器の企画開発やコラム執筆/美容に関するコンサルティング/PR業務/などを行っています。
TOP
Copyright © 東洋厚生製薬所. All rights Reserved.