日本語 English

白金・パラジウム 
ナノコロイドとは

白金とパラジウムをそれぞれ1/100万㎜の超微粒子サイズまで加工し、液体に分散させたものです。
安定したナノコロイド分子は、液中で沈殿せずに常に分散した状態になる特徴を持ちます。

主に抗酸化、抗菌、消臭などの効果がある優れた成分と言われています。
白金又はパラジウムコロイドの製法
製法特許:第1617910号取得

活性酸素除去製剤
電子顕微鏡写真
左:パラジウムコロイド 右:白金コロイド
液状写真比較
白金パラジウム粉末を水に溶解させ
1ヶ月経過後も安定したコロイド状態を実現
液状写真比較
社内実験結果
左:白金パラジウム原液
右:白金パラジウム粉末溶解液1ヶ月経過後

白金・パラジウム 
ナノコロイドの効果

白金・パラジウムナノコロイドには強力な抗酸化作用があります。
生活習慣病、ガン、老化は、ストレスなどにより発生した過剰な活性酸素が原因の一つであると言われています。白金・パラジウムナノコロイドは活性酸素除去剤として強力に作用しますので、このように活性酸素が原因で起こる病気や疾病の予防と改善にもお役立て頂けると考えられます。

東京中央メディカルクリニックの白川太郎先生が、ご自身のラジオ番組にて白金・パラジウムナノコロイド溶液「純パプラール水」の効果についての解説をされています。
2017年1月1日放送
「パプラールは、なぜ活性酸素を除去できるのか?」

活性酸素とは

活性酸素とは「他の物質を酸化させる力が非常に強い酸素」です。
特徴として強い殺菌力を持ち、細菌やウィルスを撃退する役割をしています。
ところが体内の活性酸素が増えすぎると、正常な細胞や遺伝子まで攻撃するようになります。
一般的には年齢と共に活性酸素は体内に溜まりやすくなるため、生活習慣病やガン、老化現象を引き起こすと言われています。
さらにわかりやすく【川上先生のお役立ち情報】で解説しております。

他の抗酸化成分との
違い

繰り返し何度も除去効果を発揮し、4種類全ての活性酸素に有効です。
抗酸化物質として有名なのはビタミンC。
ですが活性酸素を一度でも除去するとその時点で効果を失い、成分の劣化が比較的早いと言われています。
対して白金パラジウムナノコロイドは、白金の力で活性酸素を除去し、パラジウムの力で白金の除去効果を繰り返し取り戻す、相乗効果を備えています。
また、活性酸素のうち有毒であると言われている「スーパーオキシド」「過酸化水素」「ヒドロキシルラジカル」「一重項酸素」に対し、4種類全てを除去する性能を持っています。
より安定した状態で体内を細部まで巡るナノコロイド粒子のため、隅々まで体内環境を整えます。

人体への影響について

白金パラジウムナノコロイドにおける健康被害は80年間報告されておりません。

白金もパラジウムも、厚生労働省が認可した食品添加物です。
他の重金属のように体内に蓄積されることはありません。
適用量をお守りの上、毎日の美容健康にお役立てください。

活性酸素除去の特許

株式会社東洋厚生製薬所では、「白金およびパラジウムをコロイドの形で混合したことを特徴とする活性酸素除去剤」の特許を取得しております。
80年続く確かな技術力と数々の研究によって裏付けられた根拠を元に製造販売しております。
特許番号:特許第3411195号
発明の名称:活性酸素除去剤

ピロリ菌に対して
優れた抗菌効果

白金パラジウムナノコロイドは、5分間で約1/100までピロリ菌を減少させます(※)。
※一般財団法人 日本食品分析センター調べ
白金パラジウムナノコロイドを加えたピロリ菌の検体

左:白金パラジウムナノコロイドを加えたピロリ菌の検体

ピロリ菌検体のみ

右:ピロリ菌検体のみ

ピロリ菌は胃の粘膜障害を引き起こし、胃炎、胃潰瘍、胃がんの原因になると言われています。
日頃の生活習慣を整えることにより、発病リスクを軽減できます。

試験結果

【安定性を示す試験結果】

白金パラジウムナノコロイドの安定性を証明するため、一定の温度、湿度を保った状態のもと、半年間に渡り経過観測試験(※)を行いました。
その結果、それぞれの期間において特記すべき有意な経時変化は認められず、製造から最低3年間は品質に変化がないことが保証されました。

【安全性を示す試験結果】

また、ラットを用いた毒性試験(※)を行い、28日間白金パラジウムナノコロイドを飲ませ経過を観察したところ、臨床兆候、血液学的・血液生化学的所見、病理学的所見に有意な影響が見られず、毒性学的な意義はない結果となりました。
各種結果に基づき、ヒトに対する一般的服用は、安全性が十分確保されております。

※ 東海大学医学部による試験結果
各種実験、研究の詳細は医療関係者向け【研究成果】にございます
医療関係者向け
研究成果
パプラールを利用したがん治療の症例が、こちらの本で紹介されています。
末期がん、最後まであきらめないで!「白川式複合遺伝子治療法」のすべて

末期がん、最後まであきらめないで!
「白川式複合遺伝子治療法」のすべて

発売日 : 2010年08月18日
在庫 : 品切れ重版未定
判 型 : A5判並製
ISBN : 978-4-569-77546-3
最新の治療データについては、東京中央メディカルクリニックホームページをご覧ください。
TOP
Copyright © 東洋厚生製薬所. All rights Reserved.