野口英世博士の白金パラジウムコロイド「パプラール」の由来

  • 日本語
  • English
文字サイズ標準大きめ
日本語English
  • 公式通販サイト
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • メニュー
  • 採用情報
  • お問い合わせ

パプラールの由来Origin

パプラールが完成するまで

野口英世博士は命を賭して黄熱病、梅毒、蛇毒に関する研究をして、その結果は広く世界で認められ医聖として讃えられています。

博士は幼い時に手に火傷を負い、医学によって助けられたことから医学の道を志し、血脇守之助氏(東京の歯科医)の下で精進することになりました。その時、兄弟子として石塚三郎が生活を共にすることになり、以後二人は生涯実の兄弟のような心の交流を続けることになりました。

そして野口博士が米国のロックフェラー財団に招かれ渡米し、世界的名声を博するころ、石塚は故郷新潟で歯科医院を営んでいました。

大正4年(1915年)帰国した博士は、石塚先生と共に故郷福島猪苗代を訪れ、母堂と小学校当時の恩師小林栄先生を伴って、東山温泉に投宿しました。
 その夜歓談中に小林先生が博士に「野口、お前は医学上の大発見をしたが、治病上の発見はないのか」と問うと、博士は思いつめた様子で「実は今、万病に適する基礎的医薬の実現を考えています」と答えました。博士の脳裏には既に、このとき<パプラール>の原型ともいうべき構想があったのです。
 その後、新潟県長岡市での講演会を終えた博士は、石塚医院を訪れ、院内の技工室にある設備 を熱心に検分した後、石塚先生に自分の構想を話しました。「自分は十数年間ひたすら細菌の研究に没頭し、はからずも病原菌を発見し大成しました。その結果、必然的に治病に関する医薬の必要を感じ、研究の末ほぼその輪郭を明らかにすることができました。それは白金族の特有性である酸化還元の力を人体の組織内に作用させることです。その結果、細胞その他の機能を増進させ、そこに固着する一切の病原菌並びに老廃物を滅亡させます。貴方は白金族の処理に深い経験と技術をもっているから、私に代わって白金族のコロイドを作ってくれませんか。」そして博士は再び渡米の地についたのです。
 石塚はその後博士と研究成果の手紙のやり取りを続ける一方、大正13年(1924年)秋、代議士に当選し、政界に進出しました。
 昭和3年(1928年)5月博士は<パプラール>の完成を見ぬまま、西アフリカのアクラに於いて、黄熱病のため惜しくも帰らぬ人となりました。石塚は親友の死を深く悲しみ、博士の理論に基き、その意志を継いで、どうしても薬を作り出そうと政界を退き、その後数年の研究を重ねた結果、昭和11年(1936年)遂に安定コロイド溶液製剤(パプラール)の完成をみるところになりました。

The Origen of PAPLAL

The Origen of PAPLAL

Dr. Hideyo Noguch is well known in the world and praised as a Saint Doctor because of his study of Yellow Fever, Syphilis, and Snake venom though risking his life. He burned his hand in his childhood but as he was helped by medical science, he was determined to pursue the medical field and came to train himself under Mr. Morinosuke Chiwaki (a Dentist in Tokyo). At that time, he started living together with Mr. Saburo Ishizuka as his senior apprentice. Ever since then they had continued the interchange of the heart for their entire life as if real brothers.
When Dr. Noguch was gaining international fame after moving to the United States with the invitation from Rockefeller Foundation, Mr. Ishizuka was running a Dental Clinic in Niigata, his home town.

In 1915, Dr. Noguchi returned to Japan and he and Mr.Ishizuka visited his home town Inawashiro in Fukushima. Then they went to Higashiyama hot spring to stay accompanied by his mother and Mr. Sakae Kobayashi, his teacher in his elementary school days.

At that night, while they were chatting, Mr. Kobayashi asked Dr. Noguchi “Mr. Noguchi, you made a great discovery of medical science but what about that of treatment?” Then Dr. Noguchi replied with a strong will. ”Actually now, I am thinking about the realization of fundamental medical science which will be applicable to all kinds of diseases”. At that time, he had already a model plan of PAPLAL.
Later, Dr. Noguchi visited Ishizuka Dental Clinic after he had finished his lecture in Nagaoka City, Niigata. Dr. Noguch told Mr. Ishizuka about his model plan after he had zealously inspected the facility of the craft room.

“I was earnestly devoted myself to the research of bacteria for more than ten years and unexpectedly I discovered pathogenic bacteria in a great success. As a result of that, I naturally felt the needs of medical science regarding treatment and then I was able to have an almost clear view of it. That is to have the Oxidation-reduction power, which is a characteristic of Platinum group, acted in the tissues of human body. The effect is that it promotes the function of the cells and other parts so that it will extinct all the pathogenic bacteria and waste products strongly attached. As you have a deep experiences and skill in processing Platinum group, can you make Platinum group colloid in place of me?” Then the Doctor left for the United States again.

While Mr. Ishizuka was corresponding with Dr. Noguchi to report the progress of the study, he was elected as a Congressman in the autumn 1924 and went into politics.
In May 1928, Dr. Noguchi past away because of Yellow fever at Accra in West Africa without seeing the completion of PAPLAL. Mr. Ishizuka deeply grieved at the death of his close friend and retired from politics to create the medicine based on Doctor’s theory, in succession to his will. Finally, after several years of research, in 1936 he was able to complete the stable colloidal preparation (PAPLAL).

メディア掲載情報

以下の書籍・新聞では「パプラール」を用いた治療法、及び有意な臨床結果報告が記載されております。
是非ご一読下さい。

白川式複合遺伝子治療法のすべて

末期がん、最後まであきらめないで!
「白川式複合遺伝子治療法」のすべて

発売日 : 2010年08月18日
在庫 : 品切れ重版未定
判 型 : A5判並製
ISBN : 978-4-569-77546-3

ガン治療に夜明けを告げる

ガン治療に夜明けを告げる―代替療法、先端療法、
統合療法でガンに挑む7人の医師・先端医療家たち

発売日 : 2012年12月07日
在庫 : ウェブストアに在庫がございます。
判 型 : B6判
ISBN : 978-4-763-40636-1

昭和29年読売新聞朝刊(11月28日付)紙上にて

昭和29年読売新聞朝刊(11月28日付)紙上にて

「野口英世博士創案の医薬パプラールが、ヒロポン(覚醒剤)の中毒患者治療の特効薬」と、大々的に報じられました。

 

パプラールOnline
齋藤可奈子の美容コラム
UX新潟テレビ

企業情報About

東洋厚生製薬所外観

株式会社 東洋厚生製薬所
〒191-0012
東京都日野市日野1321

Copyright © 2014 東洋厚生製薬所. All rights Reserved.